読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりごと あしあと・にっき

日常のつぶやきや.....〆(・ω・)メモメモ ようやく臨床に意欲を持ち始めました

地元の「先生」と言われる職業についてる息子娘って

接しにくい人極端ってかんじな人とそうでない人

わかれるよー

ほんとわからんわー

 

扱いに困るんですよね

自分がわれこそは名士なのだびんびんオーラだしてもそれバブル全盛期の話でしょ

 

ここ田舎なのにすっごい過疎ってきてるのに、それいつまで通用すんの?

いつまで親の威厳振りかざしていくのかな、、自分の状況とかほかにやることあるんではとは思うんですが他人から見た自己っていうのも想像しがたいのかもとおもいました

 

使えるものは利用しまくるっていうのもひとつの方法なんだしそれで幸せならいいんでしょうけどね

 

進歩する世の中においてけぼりをくらって、おいつけないまま身分だけが残っているっていうのかなあ